バーや飲食店経営のノウハウを伝授|集客力がお店の将来を担う

婦人

宿泊客用の備品の仕組み

アメニティ

種類や内容も充実化

ホテルや旅館などの宿泊施設の経営で必要になる備品の1つがアメニティグッズです。特に歯ブラシや石鹸、シャンプーといった使い捨ての備品を総称して呼ぶ場合が多く、バスルーム用の備品が多いことからバスアメニティと呼ぶケースもあります。アメニティグッズの基本的に仕組みは、宿泊施設側が納入業者から購入し、それを宿泊客に無料で提供しています。購入先はホテルや旅館専用のアメニティグッズ専業メーカーや、業務用品卸売の業者など様々です。特に規模の大きな宿泊施設だと、自社グループの会社から卸してもらうこともよくあるケースです。元々は消耗品のため、極力コストを抑えた簡素な物が多数を占めていましたが、最近は宿泊客の持ち帰りを前提した、コストを掛けたアメニティグッズも増加しています。近年は外国からの宿泊客が急増していることもあり、宿泊施設ごとに特色を出そうとアメニティグッズも充実する傾向が見られます。有名デザイナーに発注した物や、マウスウォッシュといった様々なアメニティグッズを置く宿泊施設も今や珍しくありません。またバスや洗面周り用品だけでなく、足袋ソックスといった衣類、ティーバッグなどの飲食類などもアメニティグッズとして置かれていることもあり、年々その種類も増えつつあります。このようにアメニティグッズは宿泊施設側にとって宿泊客に必要な消耗品という意味だけでなく、集客のためのアピールポイントとしても役立っています。