バーや飲食店経営のノウハウを伝授|集客力がお店の将来を担う

男女

来店へとつなげる工夫

気になる飲食店を探して、実際の来店に繋がっているケースは少なくありませんが、その情報はホームページから入手していることが多いです。 ホームページの必要性は、飲食店を経営する側にも高くなっており、必要経費の削減などの点でもメリットを見込めます。

宿泊客用の備品の仕組み

宿泊施設が用意する使い捨て備品がアメニティグッズです。その仕組みは宿泊施設が納入業者から購入し、無料で宿泊客にサービスしています。近年は外国人宿泊客の増加などの理由で、取り扱っているアメニティグッズも増えており、宿泊施設が集客のために充実させる傾向もあります。

戦略と工夫が必要

男女

昼の店より限られた条件

バーは夜の飲食店として比較的開業しやすい店です。そのため、多くの店が開業し、そして相次いで閉店しているのが現状になります。繁華街であってもその入れ替わりは激しく激戦区になっているケースが多くなっています。昼間のカフェのように人通りの多い場所であれば、どこでも開業できるわけではないところもバーの特徴の一つになります。バーは、あくまでもお酒を提供する夜の繁華街にないと集客は見込めないのです。そのため、おのずと開業する場所は限られてきます。最近の傾向として、大手チェーン店が進出している傾向にあります。大手は資金力があるため、集客しやすい特徴を持っています。そのため、知名度だけで集客できる点で既に差をつけられている状況になるのです。バーを継続的に行うためには、リピーターの確保が必要不可欠になります。しかし顧客ニーズの多様化によってリピーター確保も難しいのが現実なのです。そのため、工夫や戦略でリピーターを確保する営業努力が必要になるのです。まずお酒はどんな種類でも取り揃えておくことが基本です。メインであるお酒で取り扱っていないものがあると致命的になる可能性があるためです。ワインや焼酎など専門店的な形を行うこともできますが、間口を狭めてしまう恐れがあるため、よほど自信がない限りお勧めはできません。そして、接客です。夜の店は接客指導がなされていないケースが多くなっています。しかし客商売である以上、基本なのです。集客のための基本ポイントでもあるのです。